普通に探せば大体の答えには辿り着く

経営に関してのことや様々な問題やトラブル、又は自分自身なかなかうまくいかないこと、更には何とか成し遂げたいことなどにおいて、皆どのようにそれらを解決しているのだろうか?

 

これまでいろいろな人を見てきたが、どうも自分だけの思いと僅かな経験のみでそれらを一方的に判断している人が圧倒的に多いように思われる。自身がどれだけの経験を経ているかは分からない、又、自身にどれだけの判断力があると思っているのかは分からないが、その判断が及ぼした過去の結果を振り返ってみれば、その答えなどとっくに出ているはずだ。

 

先日ある本に、人生を悪い方向に進ませないために大切なこと、というものがあった。

その答えは、

「人の話に耳を傾けること」

「言われたことを行動に移してみること」

の2つだけだった。

そんなことなら多分、誰にでもできると思う。

 

周りに正しい判断ができる人がいるかどうかは分からないが、人に聞くことができなくても、それらを探る方法は今の時代いくらでもある。

・本を読む

・ネットで検索する

・YouTubeで調べる

・音声コンテンツを聞く

私の場合はこの4つだろうか。

 

その類いの本を読めば、同じような苦労をした先人達が、その苦労を乗り越えてきた方法やその後の状態などを全て語ってくれている。今の時代であれば、本が苦手であっても、賢い人達がYouTubeなどでそれらを動画にして丁寧に丁寧に説明してくれている。音声コンテンツなどでも地味に心に残る言葉や方法論、考え方を得られることが多い。

 

何とかしようと本気で考えさえすれば、その方法も答えも実は目の前にあるのだ。

テストの解答用紙がちょっと探せば自分の近くにいつでもあるのと同じようなものだ。それをそのままやればいいだけのことだ。

 

普通に探しさえすれば、大体の答え、いや全ての答えには辿り着くはずだ。

私自身もずっと1人でコンサルティング会社を経営し、コンサルティングの現場において、ずっと1人で模索し、判断してきた。

しかしそれは私ごときのオリジナルの知見のはずがない。大体は様々な先人の経験を上記の手段などで入手し、試し、結果を出しただけのことだ。

実は大したことではない。

 

しかし、

・その簡単なことを調べない

・方法を知ったとしても、面倒に思うか、自分自身を少しでも変えたくないからやらない

という2点に最終的には辿り着く。

 

実にもったいないと思う。

 

答えはある。

しかも正しい答えが、うまくいく答えが、幸せになる答えが目の前にあるのだ。

 

そこを回避して、仕事も家庭も人生もうまくいく訳がない、と思っている。

自身の体験も踏まえて、今、しみじみと思っている。

 

 

 

「建設業のための経営改善バイブル」(第5版御礼) 

「粗利だけ見ろ」(第6版御礼) 

「建設業経営 利益最大化の法則」(第2版御礼)

「粗利至上主義」(第2版御礼)

 

 全国の書店、インターネットで発売中です!


 (本社所在地)

 921-8823 石川県野々市市粟田5-499