指示は明確に出来ているか?

先日ドバイに行った時、国としてのその在り方には大きな感銘であり感動を受けた。そして自身の考えに影響を受けた。

 

知っての通り、ドバイには法人税がない。それどころか所得税も相続税も贈与税も、固定資産税すらない。物価なども日本と同等か少し安い位。又、3000万円程度の現地不動産を購入すれば3年間有効の更新可能の居住ビザの取得もできる。又、学校や病院なども全て費用はかからない、水道光熱費なども一切かからない。完全にゼロだ。

 

ドバイはアブダビと違い、石油などが多く出ている訳ではない。よってそのイメージとは違い、国として完全無敵な富裕な国とも実は言い切れない。しかし国を支配する王族は上記のような対応をとっている。又、今回のコロナによる対応なども徹底していたようだ。ワクチンは全国民が3回接種、マスクは着用しない場合10万円の罰金なので、国民全員がきちんとマスクを着用していた。そして昨年後半よりマスク着用は解除され、今は誰一人としてマスクなどしていない。

 

要は全てにおいて徹底しているのだ。日本のように中途半端な指示などは決して出さない。日本は選挙があるから批判を可能な限りかわす事のみに主眼が置かれ、常にファジーな施策により、その真の解決には決して向かおうとしていない。

 

私自身、「徹底」による強さを知る事ができた事が、今回のドバイで得た最も大きな事だったかもしれない。

 

経営においても「徹底」がキーワードだと私は常々思っている。しかし実際に何事においても徹底している会社などあまり見た事がない。私などがコンサルタントとして入っている会社ですら、徹底まではなかなかしてくれない。相変わらず「売上」を捨てられない経営者は多いし、会議やミーティング、顧客との必要な折衝なども「徹底」まではしてくれない。出来る範囲で、自分がやりたい範囲でしか何でもやらないから、どうしてもその効果は弱くなってしまう。効果が弱くなるという事は、利益が出にくくなるという事だ。

 

指示は明確に出来ているか?指示は徹底して守らせているか?

 

そこには自身へのストレスや、様々な交渉も避けられないかもしれない。しかしその先にこそ、上記のドバイのような成功が待っている。出来る事なら何でも徹底して進めて欲しいと思っている。

 

 

 

「建設業のための経営改善バイブル」(第5版御礼) 

「粗利だけ見ろ」(第6版御礼) 

「建設業経営 利益最大化の法則」(第2版御礼)

「粗利至上主義」(第2版御礼)

 

 全国の書店、インターネットで発売中です!


 (本社所在地)

 921-8823 石川県野々市市粟田5-499