はっきりと言っているか

同じ事をやっていても、同じ事を言っていても、結果が出る人と出ない人がいます。もう一つ言えば、信頼される人と信頼されない人になるでしょうか。

 

そこの原因は意外に簡単な所にあります。それは「はっきりと言っている」かどうかということ。

 

相手に伝えたい事、やって欲しい事を言う際に、流すように言う人、全体の会話の中にとりあえず言葉を入れ込んでいるだけの人、小声で言う人など様々ですが、その相手は理解していないどころか、聞いてもいないと言う事が多いようです。それは、一瞬は言葉としては聞いたのかもしれないですが、その人の印象に全く残っていないということになります。

 

そしてその伝わっていないという事実をその当人に確認すると大概、「私は言ったんですけどね」と皆さん言ってきます。言ったかもしれない、しかし伝わっていないのです。言いにくいからさりげにしか言わなかったのか、本気で伝えるつもりがないのか、普通はそのどちらかしかありません。

 

全ての事ははっきりと言わないと意味がありません。はっきり言わないのなら、もう言わなくてもいいのでは、とも言えます。そもそも相手に届かないのですから、苦労して言う意味がなくなってしまいます。

 

きちんと伝えるには、相手を直視し、その伝えたい事だけを単独で、しかも活舌良く、何より丁寧に言わないといけません。又、言った後でもう2度3度は更に短縮した用語で「念を押す」事なども必要です。ここまでになるとかなりの人ができていないのではないでしょうか?

 

相手に理解させるのは簡単ではありません。しかもその言葉により相手を動かす事など更に難しいと言えます。「言う」と「伝わる」は違います。又、「聞く」と「理解する」も違います。加えて、理解してもらった上で「納得」してもらわないといけません。「納得して初めて人は行動を起こして」くれます。それ程人を動かすという事は難しいことなのです。

 

言う→伝わる→理解する→納得する→行動する

 

この5段階を経ないと人は決して動いてくれません。

 

はっきりと伝えましょう。とにかくはっきりと言いましょう。それも気持ちを込めて言いましょう。伝わらなければ、そして理解し、納得し、行動してもらえなければ全く意味がないのです。 せっかく言うのですから、「勇気を出して言った自分の言葉」には大きな意味を持たせたいものです。

 

 

 

「建設業のための経営改善バイブル」(第5版御礼) 

「粗利だけ見ろ」(第6版御礼) 

「建設業経営 利益最大化の法則」(第2版御礼)

「粗利至上主義」(第2版御礼)

 

 全国の書店、インターネットで発売中です!


 (本社所在地)

 921-8823 石川県野々市市粟田5-499