「日銀・マイナス金利解除」今後、過大負債抱える企業は整理されていく

日銀がマイナス金利の解除を決めた。その背景や影響、そして詳細は新聞・メディア等で語られている通りだ。

 

マイナス金利の解除は、普通に考えれば、預けている人にはメリットがあり、借りている人にはデメリットがある。預金の金利は増え、借入金の金利は近いうちに上がるからだ。

 

コンサルタント目線で見た場合、当然借りている企業側の目線で見てしまう。借入金がある企業、とりわけ借入金が過大な企業にとっては、遂にその時が来たという感じかもしれない。

 

銀行は今まで、マイナス金利という事もあり、日銀にはお金を預けずに、企業にお金を回してきていた。借入金の多い企業にとっては、その時点での金利も高かったが、それでもまだ貸してくれてはいた。しかし多分もうそれはなくなる。ただでさえここ2年程は、銀行から企業に対するプレッシャーは強まっていた。コロナがあった為、微妙な推移(猶予)期間はあったものの、「その時」を伺っている様子は確実に感じ取れていた。それがここに来て一気に公になる事になる。

 

今後、銀行は大手を振って、企業への貸し出し金利を上げてくるだろう。しかも「有利子負債が多く」、「収益も未だにままならない」企業に関しては特に容赦なくくるはずである。極端な話、倒産やむなしの姿勢で来るであろう事は間違いない。倒産されては銀行も困ると思うかもしれないが、そんな事があるはずもない。ほとんどの銀行は借入金過大な企業には引当金を積んでおり、そういった企業が倒産しても、銀行の業績に影響はない。よって、世間の雰囲気を「盾」にここは一気に動いていくるはずだ。

 

しかし、それは別に銀行が悪い訳ではない。私が銀行の立場であってもそうやるはずだ。利益が出ていない、ましてそれを何とかしようと「具体的に」動いていない企業、「成果の出ていない」企業に対して、銀行がもはや手を貸す理由は1つもない。

 

物価が上がり、人手不足は続く。多分、今後当分の間は続く。下手をすると永遠に続く。大企業も含めて、賃上げや値上げは活発に行われているものの、中堅・中小・零細企業レベルではその対応はなかなかなされていない。収益の低い会社が、社員の給与を上げているだろうか?上げているはずはない。地方などではなおさらそうだろう。

 

私も身近で地方の企業を見ている分には、経営者の考え方もやっている事も、残念ながらそんなに変わっていない会社が多い。皆、一様に危機感と不安は持っているものの、なかなか手を打つ勇気、もっと言えばそこに「新たな考え」や「知恵」を出そうともしていないようにも映る。

 

コロナは終わり、株価はバブルを超え、金融緩和も終了した。そしていよいよ、真の競争原理が働く時代に突入した。

 

ここは決して逃げずに、現実に正面から向き合うしかない。今日というは普通にあっても、明日という日は普通にはないかもしれないからだ。

 

 

 

「建設業のための経営改善バイブル」(第5版御礼) 

「粗利だけ見ろ」(第6版御礼) 

「建設業経営 利益最大化の法則」(第2版御礼)

「粗利至上主義」(第2版御礼)

 

 全国の書店、インターネットで発売中です!


 (本社所在地)

 921-8823 石川県野々市市粟田5-499