大谷翔平を見にサンフランシスコに行ってきました

先週1週間、サンフランシスコに行ってきました。

目的はただ1つ。大谷翔平を見るために。

 

昨年はロサンゼルスのアナハイムに行ってきたのですが、その当日から大谷がまさかの欠場。大谷のいないエンジェルスの試合を3試合も見て、寂しく帰ってきました。ただ、昨年は、せっかくなので移籍濃厚だったドジャースタジアムを見学し、ハリウッドや本場のディズニーランドにはとりあえず行ってきました。

 

今年も9月に行くつもりでしたが、またケガしたら困るので、6月のニューヨークでのヤンキース戦に予約をしていました。ただ、それでもその前にまたケガをする可能性があるので、更に早めて今回のサンフランシスコを決めた次第です。

 

しかし出発当日に大谷がまさかの腰痛違和感で途中交代。悪夢がよみがえる中、サンフランシスコ行きの飛行機に乗りました。到着早々ネットで確認した所、その後のパドレスとの1試合のみ欠場で、私達が観戦するジャイアンツ戦からはふたたび出場予定との事。

 

そして翌日から3試合。大谷はフルに出場。3試合で13打数7安打。何より超特大の12号ホームランを見る事ができました。

 

席は元々取ってあった席は1塁側の中央より前だったのですが、当日に専用サイトで前部に空きがあったので、追加購入。2日目にはベンチ真横最前列と、3日目にはネクストの真ん前の半地下の場所で約2メートル付近で大谷を見る事ができました。帰ってテレビ中継を見たら、テレビ中継には映りまくっていました。

 

しかしあのホームランの弾道は忘れる事ができません。これぞ大谷のホームランという弾道でした。妻も次男も大喜び。昨年のロスの悪夢を補って余りある1週間となりました。

 

期間中は疲れてほとんど日中は出ていなかったのですが、帰国前の1日空き日で、ゴールデンゲートブリッジやフィッシャーマンズワーフ等を見学、せっかくなのでアルカトラズ島にもフェリーで行ってきました。しかしサンフランシスコは、噂通りの治安の悪さ。ホテル真横のテンダーロイン地区などは、ドラッグ中毒者が多く、夜はまず出歩けませんでした。

 

無事に帰国しましたが、内容は素晴らしかったものの、疲れたの一言でした。

本当に素晴らしい体験ではありましたが、サンフランシスコは怖いので多分もういきません・・・。

 

そして、6月はいよいよニューヨークです。

 

 

 

「建設業のための経営改善バイブル」(第5版御礼) 

「粗利だけ見ろ」(第6版御礼) 

「建設業経営 利益最大化の法則」(第2版御礼)

「粗利至上主義」(第2版御礼)

 

 全国の書店、インターネットで発売中です!


 (本社所在地)

 921-8823 石川県野々市市粟田5-499