建設業界で使ってみた方がいいAI4選

前回のブログの続きです。私が個人的に使ってみた方がいいと思うAIの4選を挙げてみました。

 

ただこれも、今の私の見聞の範囲なので、実際はもっと素晴らしいものが多くあるはずだ。しかも数ヶ月後にはそれすらも大きくアップデートされているであろう。よってこれはあくまでも2024年7月11日現在のものであり、私の狭い見聞の中のだけのものと思ってもらいたい。もっと進んでいる人など世の中にははるかにいっぱいいるので、これを得意げに書くのも恥ずかしい位だ。

 

①Claud

圧倒的に1番のAI。アプリもある。使い勝手もいい。チャット型で、問いに対する答えがすぐに帰ってくる。文章力と自然な日本語作成が秀逸。私が私自身の書籍やこのブログの過去記事を読み込ませると、テーマを指示するだけで、まるで私が書いたかのようなブログを書いてくる。文字数指定などもすればその文字数で書いてくる。全ての文章系はもうこれでいけると思う。後は出てきたものに「若干の」修正を加えればいいだけだ。転用できるものなど、果てしなくある。無料でも可能だが、使用制限もあるので月額20ドルではあるが課金をお勧めする。

 

②perpiexity

一言で言えば検索サイト。アプリもある。世の検索ではGoogleやyahooがあるがそんなものの比ではない。Googleなどでは、自身が何かを検索したらそれに「関連する」サイトの「候補」が多く出てくるが、その中から「自分が望む問いの答えが書かれてあるもの」を、そこから「自分で」探さないといけない。しかしperpiexityでは、その候補をも厳選し、自分が望む「答えのみ」を出してきてくれる。しかもその精度が高い。検索巡りなどをする必要がなくなる。これも無料検索には制限があり、制限を外すには月額20ドルの課金になる。

 

③chatgpt

多分、現時点では最も有名なAI。当然、アプリもある。内容は①と似ているが、①より精度は落ちると思う(現時点では)。ただ、その中のDALL-E などの画像作成の能力は素晴らしい。言語での指示で臨む画像が次々と出てくる。使い要は様々だろう。これも同様に課金がある。

 

④SUNO

音楽生成AI。これは現時点ではアプリはまだない。音楽などを使わなければそれまでだが、使い方は様々で何より意外に「面白い」。会社の社歌やテーマソングなども普通に作れる。作って欲しい内容を言語指示するだけ、1分程で「2曲」作ってくれる。無料では1日に5曲まで可能だが、その場合は著作権がSUNO側にあるので、月額10ドルと安いので、課金して著作権を自分側に持っておいた方がいいかもしれない。ちなみにこのSUNOで作った「建設業界の歌」と「利益の歌」を当ホームページのトップページで公開している。

 

とりあえずは以上の4つ。私は今はその全てに課金している。使い方はまさに様々だが、まだその各能力の1%も使いこなせていない。建設業界であり、業務的には①と②は必須かと思う。検索の時間が減り、「あらゆる」文章を自分で作る必要がなくなる。③なども建設業界では使い道はあるはずだ。

 

以上になります。

何を言っているのか分からないと思う人もいるかもしれませんが、まずは「触っておくだけ」でも必要かと思います。

 

かなり感動的かと思います。

 

 

 

「建設業のための経営改善バイブル」(第5版御礼) 

「粗利だけ見ろ」(第6版御礼) 

「建設業経営 利益最大化の法則」(第2版御礼)

「粗利至上主義」(第2版御礼)

 

 全国の書店、インターネットで発売中です!


 (本社所在地)

 921-8823 石川県野々市市粟田5-499