一生懸命に話をする

先日、コンサルティングを教えさせていただいている方から、コンサルタントとして人に話をする際のポイントがあれば、改めて教えて欲しいと言われました。

 

そこで改めて考えてみました。粗利を軸とした手法や、資料の使い方、会議の進め方等のノウハウはもちろんありますが、そのノウハウはこれまで書籍等で何度も公開しているように、そこに特殊な手法や進め方がある訳ではありません。多分誰にでもできます。その中で、確かに「伝え方」という部分はそれらを全て含む大きな要素になっている事に、改めて気づかされました。

 

その中で先日1つのシンプルな答えに行き着きました。「一生懸命に話をする事」、これが意外に出来そうで出来ない、重要な部分であると思いました。

 

はっきりと話をする、分かり易く話をする、簡潔に話をする、滑舌よく話をする、張った声で話をする、等々、話し方で重要な内容としては、そのようになりますが、それはどれも多少人によって差が生まれがちです。しかし、「一生懸命話す」という事だけは、誰にでもできる事だと思います。分かり易く言えなくても、簡潔にも言えなくても、全く滑舌よく言えなくても、「一生懸命」には話せるはずです。

 

内容がつたなくても、まとまりが多少なくても、極論、声が多少小さくても、「一生懸命」伝えようという思いは、少なからず相手には「伝わり」ます。やって欲しいこと、やって欲しくないこと、目指すべきこと、忘れて欲しくないこと、などをまずは「一生懸命」に話をすることを改めてお勧めしたいと思います。

 

結局は「相手に伝え」「理解・納得してもらい」「行動してもらう」ことが目的です。そこにどんなに正論があろうが、理解して行動してもらわなければ、何より「感じて」「同意して」もらわなければ言った意味がありません。

 

話しの流れなどは一切気にしなくてもいいです。無理をしてうまく話しをしようと思う必要も要りません。言いたいポイントを1つだけでも決めて、まずは「一生懸命に」相手に伝えてみましょう。きっと何かが変わるはずです。

 

 

 

「建設業のための経営改善バイブル」(第5版御礼) 

「粗利だけ見ろ」(第6版御礼) 

「建設業経営 利益最大化の法則」(第2版御礼)

「粗利至上主義」(第2版御礼)

 

 全国の書店、インターネットで発売中です!


 (本社所在地)

 921-8823 石川県野々市市粟田5-499